<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第14話 ニイハウ オハナ その2

 カウアイ島とニイハウ島を行き来して暮らすおばさんと親しく付き合うようになった私は、頻繁にカウアイ島を訪れるようになった。それによって体験している感動的な出来事については追々話すとして、2007年8月にカウアイ島で出会った人について話さなくてはならない。
 カウアイでの滞在中はおばさんに言われた通り、ニイハウの家族と共に過ごし、私がハワイ語に慣れるように子供達もハワイ語で私に話しかけるようにしたり、貝の選別を手伝ったりして過ごす生活だ。おばさんは私の手料理がお気に入りで、リクエストに答えてイタリアン、煮物、寿司まで作る。多いときは家族全員で10人以上集まる。元々料理好きなので、すし桶まで持ち込み、職人のように“にぎり”までトライし、結構楽しい。
 夜、おばさんと私は皆が寝た後も話しをしたり、指示されたとおりに片づけや、言われた用を済ませてから横になる。何故なら半身が不自由なおばさんは一人では何かと大変なのだ。いつも一緒にいられるわけではないからこそ、出来るときに精一杯しておきたいと思う。
 その日、昼間おばさんは仕事に行き、他の家族も夫々出かけていたので夕方近く私は主人と車でNohiliの海岸端まで出てみることにした。以前にも行ったことのある場所だったが、海岸に出るまでの道は舗装のされていないひどいデコボコ道でうっかり口をあけていたら舌を噛むか、首や腰の骨を捻挫するのではないかと心配するくらいひどいコンデションの道だ。
 やっとデコボコ道が終ると砂が道まで覆っている軽い砂丘状態を超えてようやく辿り着く。前回、砂丘状態の地点で、普通乗用車の私たちは見事にはまり身動きがとれなくなった。何を思ったか主人はまたもや無理やり突破を試み、もちろん、車は砂に埋もれ止まった。前回は止まるや否や、待機していて車を助けてはお礼をもらう仕事?の人が現れたが、今回は出て来なかった。しかし、運良くビーチバーべキューをしている地元の人に助けを求め、ようやく脱出した私たちはそそくさと、ろくに海も見ず家路を急いだ。
 その帰り、ほとんど木もろくに生えていない乾燥した畑に“ある鳥”が現れた。その鳥はある時から、私に良い知らせを告げる幸せの青い鳥ならぬ、不思議な鳥だった。まさかこんな運の悪い間抜けな出来事のあとに、いったいどんな良いことがあるのかといささか、けげんに思いつつも少し気分を良くし、おばさんの家に戻った。
 家はまっ暗で誰も帰っていなかった。どうやら夕食の支度をする必要がなさそうなので、私たちはどこかで外食をすることにした。といってもカウアイのこのあたりはほとんど何も無いので、最初に見つけたレストランに入った。奥からハワイアンの生演奏が聞こえてきた。ウエイトレスがミュージシャンのすぐ横の席に案内した。その席しか空いていなかったのだ。カウボーイハットにウエスタンブーツを履いた男の人がギターを弾きながら一人で歌っていた。
 “Waialae”という歌だった。この歌を歌う人は珍しかった。聴いている人で知っていた人も少ないかもしれない。私はモエさんが歌っていたのでもちろん知っていたのだ。私が徐々に歌に引き込まれていくとその人は次に“Ua Mau”という歌を歌い始めた!
 この歌は、ニイハウの本にも伝説が出てくるモエさんのおじいさんが作った特別なファミリーソングだった。私は鳥肌が立つと同時に涙がとめどなく溢れた。この人はいったい誰なのだろう?十番まであるこの歌をこの人は何も見ずに最後まで歌いきった。それどころか心の底から思いが込められているのがひしひしと伝わってきた。
オハナ(家族)、だろうか?
 演奏が終るとその人は私たちのところへやってきた。どこから来たか尋ねられたのでオアフ、と答えた。きっと席に着くなり自分の歌を聴いて泣いていた不思議な観光客と思っただろう。私は何か尋ねようか迷っていたが、何故かこの人は間違いなくモエさんに関係のある人だと確信したと同時に「私はモエ・ケアレのハナイです。」言葉が口から出ていた。と、その瞬間その人は天に向かって握りこぶしを高く上げて「Aloha Ke Akua!」と叫び、私を力いっぱい抱きしめた。そして何度も何度も繰り返し天を仰いだ。
 この時まだ私は、Uncle Manaが何故これほどまでに私との出会いを喜んでくれたのかを知らなかった。彼はMoe Kealeの甥で最後のニイハウのケアレ、ジョン・カイマナ・ケアレJr.だった。私をかわいがってくれるニイハウのおばさんの弟だ。
 そして、感動的な出会いの翌月の9月14日、Uncle Manaに再会した日が最後になるとは、その時思いもしなかった。
 9月、私はニイハウのおばさんが作詞し、2007年度の“NaHokuHanohano Award”のHakuMele(最優秀作詞賞)を受賞した”Niihau”という歌をニイハウの子供達に教え、コンサートで踊るという特別な機会を与えられ、カウアイ島を訪れていた。
 コンサート前日の早朝、あるカフェでUncle Manaとバッタリ会った。彼は一緒に来ていた友人二人に私を紹介した。
「僕のおじさん、モエ・ケアレを知ってるよな?彼女はアンクルモーのハナイなんだ!」
二人はへえ~!という感じだった。そしてUncle Manaは彼らにこう続けた。
「アンクルがカウアイに来たときに日本人のハナイのことを聞いていたんだ。ついに会えたんだよ!」
とても感慨深げだった。モエさんが亡くなり5年も経つ、いつ話したのだろう?それでこの人は私に会えたとき時に、あんなに喜んでくれたのだ。
 私が持ち歩いている勉強のファイルのモエさんの写真を見せると、自分の顔を横に持って行き、友人に見せて「どうだ、似ているだろう?」と得意そうに笑った。モエさんのお葬式で、お棺の横で一晩中立っていたのがUncle Manaだった。
 2007年12月13日、50歳でUncle Manaはモエさんのところに行ってしまった。
一度しか聴くことのできなかった彼の歌声と、天を仰いだ姿は私の頭と心の奥深く刻まれ、素晴らしい贈り物となった…….。
[PR]
by ohanaokeale | 2008-01-15 00:26

第13話 ニイハウ オハナ その1

 この一年間に、私はこれまでにまだ出合うことのなかったオハナ、ハワイの家族に対面することとなった。もちろん今までと同じく、偶然が偶然を呼ぶ感動的な出会いばかりだった。
 2006年の秋頃だった。生徒の一人の結婚が決まり、結婚祝いに思いついた、“とあるもの”が私にある人物との素敵な出会いをもたらした。
 正直に言って生徒の結婚式の出席は全員となるといろいろな意味で極めて難しいものだ。ある日のお稽古のあとふと、彼女のお付き合いしていた人について元気か尋ねてみた。すると彼女は少し驚いた顔をして、実は12月に結婚が決まったこと、私にお式に出席してもらいたいが困らせてしまわないかと言い出せないでいたことを話し出した。
 その様子はいかにも、いつも相手の心を思いやり、気配りをし、控えめな彼女らしい態度だった。私は頭の中で予定をチェックし、出席の返事をその場で告げた。嬉しそうに帰った彼女は、すぐにお礼と自分の気持ちを綴ったメールを送ってきた。
 今までにも彼女が悩んでいたり迷っている時に限って私が話すきっかけになる言葉をかけたり、解決の糸口になる話を自然にしたりということが頻繁にあった。彼女はその度に、何か縁があるのかもしれないと偶然を心から喜んでいたが、今回も同じだった。
 さて、私が贈り物に思いついたのは 私のハワイの父、モエ・ケアレに由縁するNiihau島の宝とも言えるニイハウシェルのネックレスだった。自然の産物としての希少価値はもとより、細工の技術、美しさは類を見ない特別なレイで、高価であるだけでなく、何より観光客の訪れることのできないこの島に暮らすハワイ先住民の心が宿る、品なのだ。
 博物館やハワイのアーチストの作品や特産物を扱う店でも購入できるが、これで生計を立てる島の人のことを考えると直接買うほうが良いと思った私は、ハワイの家族の中で、最も信頼しているモエさんの甥の一人に相談をすることにした。
 二日後には私は日本に戻る予定だったが、なんと丁度その前日にニイハウの家族が用事があり偶然にもホノルルに来るというタイミングの良さで、レイを持ってきてくれることになった。しかも、今までずっと自然に会うチャンスを待っていたニイハウのおばさんに会えるという、私にとってまさに一石二鳥の出来事に心は弾んだ。
 さて、待ち合わせのホテルのロビーで顔も知らないおばさんを待った。どんな人か、どんな顔なのかをあれこれ勝手に想像しながら時間は経った。すると電動の車椅子に乗りムームーを着た小柄な人が微笑みながらこちらに近づいて来た。お互いを確認し合い、私達は抱き合った。
 彼女は娘夫婦を伴って来ていた。早速、娘夫婦が徹夜で仕上げたというレイとイアリングを見せてくれた。ニイハウシェルの中でもとりわけ小さいkahelelani(カへレラニ)という貝でできた見事な美しさに息をのんだ。そして値段を尋ねるとおばさんと娘は早口なハワイ語で何やら相談を始めた。大学で学ぶようなスタンダードなハワイ語とは全く異なる、ネイティブのハワイ語だということは私にも解ったがもちろん何を言っているかは理解不能だった。
 そして、言われた通りの金額を渡し、お礼を言った。一緒に食事をした後、別れ際に私の顔をじっと見ていたおばさんが言った。「あなたはまるで少女のような人ね。でも心の中に強いものを持っている。あなたのような人、好きよ。」
そして今度カウアイに来なさい、二イハウシェルレイの作り方を教えてあげるからとニコッと笑った。いろいろな思いが込み上げて来て涙がこぼれた。
 初めて会った私を分析して、それを口にしたこのおばさんがいっぺんで大好きになった。なぜならこの人に嘘はつけないからだ。私は嘘をつかない人間だから、人の心を見抜くこういう人こそ安心なのだ。モエさんも同じだった。
 自分に都合が悪くなると作り話をしてまでも、人を悪者にしようとする人たちの狡さにうんざりしている私は、このおばさんに出会わせてもらえたことは天の助け、の気持ちだった。おばさんは、会う理由があって私たちは出会った、とも言った。その通り、このあとおばさんとの付き合いは私にますます特別な出来事をもたらすこととなった。
[PR]
by ohanaokeale | 2008-01-15 00:14